RSS
Admin
Archives

ハロ-!エブリマメ 枝豆王子が行く

枝豆はおいしい!そして楽しい えだまめを家族団らんの象徴に

      
プロフィール

◆児島啓介[枝豆王子]◆

Author:◆児島啓介[枝豆王子]◆
作詞、作曲、歌、ギター、ほら貝

日本で唯一の枝豆研究家

歌う食育インストラクター

●食育の出前授業
『枝豆王子のいただきますワンダーランド劇場』
を主に小学校で行う(2007~2015現在)

●その他、お仕事承ります!!
食育イベントの盛り上げ係、
講演依頼、音楽ライブ、
枝豆の種まき、
レシピ実演など


O型 東京都出身 在住
青春出版社より『いつだって枝豆!(書籍)』を発売中


連絡先はメールフォームからお願いします
→ プロフィールの上にあります

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06
29
Category : 未分類
しょっちゅうおみマメ申し上げます!

[おおきなうたの替え歌]
小さな じゃがいも
このぼくの このむねに
いっぱい 広がる
おおきな ゆめだよ♪

そう、枝豆王子は空豆だろうがジャガイモだろうが、主役が野菜なら野菜を喜ばせるためにどこへでも行く!
IMG_7611_1.jpg

「せっかくだから、はい。枝豆。」
農家の石塚さんが収穫10日前の枝豆を採ってきてくれた。まさかお目にかかれるとはー!(涙
「まだ若くてちっこいけどな。」

ちっこい枝豆みんなで分けよう。
IMG_7627_1.jpg

”100人でジャガイモ掘り体験" 石塚さんありがとう。
ごちそうさまでした!の感謝の歌を参加者全員で石塚さんに届けましょう。

都市型農業を研究しているアメリカ人の学生も、練馬の魅力を掘り起こしに来てたね~。

子どもたちの学び場を提供してくれる農家さんがいる。
農家さんと親子ファミリーをつなげてくれる人たちがいる。
「農縁」ていうらしい。
IMG_7637_1.jpg

主催の練馬区の方やネリマベジタブルカフェの皆さんありがとうございました。

もし石神井にお住まいならベジカフェの拠点であるこのカフェで練馬野菜の情報Let’s収集!

ちょっとしたカフェ
http://www.patieco.com/



児島啓介・公式サイト 

logo01のコピー
いただきますワンダーランドの入口!!
スポンサーサイト
2009.06
21
しょっちゅうおみマメ申し上げます!

昨日は群馬県邑楽郡 板倉町へ。
『ひまわり幼稚園』からのうれしい枝豆授業の依頼です。
しかも授業参観日でドキドキ。

なんと、
廊下を移動する子どもたちはつながって「しゅっしゅっぽっぽ」歩きだ~!
次々と列車が到着するように会場に入ってくる。
おいらは始まるまでは隠れているんだけどね。

IMG_7484_1.jpg

枝豆王子の授業のあとに枝豆の種をまくとのことで、おいしいおマメを作るための大切なことをお話した。
「枝豆を育てるのはみんなだけじゃなくて、お天気や土、太陽、雨、雲、風、自然…つまり地球が一緒になって枝豆を作るんだよ」
IMG_7475_1.jpg

そして「植えた枝豆に毎日声をかけてあげてね!」
これはあとで園長先生に伺うと、子どもたちは毎朝花壇の花に挨拶してるのだという。
この園の花たち~。よっ、幸せ者!

枝豆に花が咲くことをすでに知っている子たちが半数以上いた!

なんで~!?誰に教わったの?

「きゅうりとか、スイカにも花が咲くから!」

それで枝豆にも花が咲くと想像できたの?
スゴイ!これはうれしい新しいリアクションだなあ。

この辺りではおばあちゃんが庭や畑で菜園を作っていることが多いそうです。そこで学ぶんだね。


今日から新キャラが登場!
IMG_7511_1.jpg
ちょっと大構想があって。
これはまたブログでこんどゆっくり紹介させてね!


ひまわり幼稚園のみんなありがとう!
ご家族みんなで28モグの魔法について試してみて。
感想楽しみにしてるよ。

児島啓介・公式サイト 

logo01のコピー
いただきますワンダーランドの入口!!
2009.06
19
しょっちゅうおみマメ申し上げます!

永遠の枝豆大百科『いつだって枝豆!』
ついに発売1周年を迎えたよーー。
今年もまた夏の季節本としてがんばります!(ホントは1年を通して楽しんでもらいたい)

『いつだって枝豆!』はこんな本 (2008.6.24 朝日新聞:書評より)
枝豆書評_1

表紙248MB

→付属CDの試聴もできるよ

→amazonのページ

《本の背景》
ずっと拾い集めてきた「枝豆を知るための小さな手がかりたち」を、惜しみなく一冊に閉じ込めることができました。
こどもの頃から枝豆大好き家族に育ち、食卓では激しい枝豆争奪戦を繰り広げて…そしていま枝豆研究家に至るまでの集大成です。
お皿の中の最後の1つの枝豆をめぐって家族でよくケンカもしたけど、いま思うとそれも枝豆を中心とした家族団らんの思い出だな~。
かわいいイラストや写真も満載です。

そしてこの本に込めた一番のメッセージはぼくらの「おいしくいただきます!」「いのちをありがとう」といった一言を農家さんをはじめ生産者の方々に届けてみませんか?という提案です。それも「農家さんへの手紙」というテーマの大合唱で。
だからCD付きなのです。
え!?枝豆じゃないの??と言われそうですね。はい。これはぼくが枝豆を通して体験することができた「食」や「いのち」がテーマの本でもあります(書店では料理本のコーナーにあります)。昨年の枝豆農家さんを巡る全国の旅の中で心にグサッときたのは、農家さんに届く消費者の声はクレームだけなんだ…「ありがとう」を伝える方法がないという事実でした。
こどもたちに向けた「枝豆王子」としての食育活動の中で、おやつ用の枝豆をこどもたちが「いただきます!」と叫んでほおばっているのを見て、ぼくはこの「いただきます!」を枝豆の農家さんに届ける手紙にできないだろうかと考えました。
本+CDというカタチでその夢を実現するチャンスを得ました。

たくさんの方々にご協力いただき、この本は完成しました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

ぜひ手に取ってください!! お願いします。

児島啓介・公式サイト 

logo01のコピー
いただきますワンダーランドの入口!!


2009.06
16
しょっちゅうおみマメ申し上げます!


「栄養を逃すゆで方」をしていませんか??
はなまるマーケット、タモリ倶楽部、読売新聞などで紹介されました
『枝豆のゆで方 ☆ 3・3・マメ拍子の法則』 

はなまる 071_0001_1

枝豆(1袋 250g~300g)、 塩(大さじ4 + 大さじ1 + 小さじ1/4)
お湯(3リットル)、 氷水


①大きめの鍋に3リットルのお湯と塩(大4)を入れて沸騰させます
お湯と塩の量が多いですが、妥協すると究極の美味しさにたどり着けません
3リットルというと沸くまで少々時間がかかります。この間に↓

②洗った枝豆を桶に入れ、塩(大1)をかけてゴシゴシと両手で塩もみします

③激しく沸騰したお湯に枝豆を入れます 
投入後20秒間は鍋のふたをしてお湯の沸点をすぐに上げます 
ゆで時間はぴったし3分です  →ゆでている間に桶に氷水を作っておきましょう。

④ゆでた枝豆をざるに取り、ほんの1秒だけ氷水にくぐらせたあと、うちわで冷まします
氷水に2秒つけたら台無しです(栄養が水に逃げてしまいます)
「緑」の色と香りがよみがえらせ、味を引き締める効果があります
 
⑤塩(小さじ1/4)をふりかけてできあがり   冷ますときはウチワで

20070903221014.jpg



【例外について】

山形県のだだちゃ豆のゆで時間は2分です


黒豆の枝豆のゆで方 →実験結果を参照してみてください


【しおゆでQ&A】

《2袋ゆでるときはどうすればよい?》
お湯を倍の量にするのはたいへんです。2度に分けてゆでることをオススメします。
1袋をゆでたら小さい網ですくってそのまま2袋目をゆでてください。

《お湯を極力少なくしてゆでるひともいるみたい?》
沸騰が激しくなりかき回されるため、豆がむらなくゆでられるということのようです。
でも実験結果ではほとんどの豆の莢が1mm程度開いてしまい、風味が飛んでしまいました。

《大きな鍋がない場合は?》
小さい鍋でゆでた場合3分~4分かかります。
本来、枝豆の通は時間を決めずに味見しながら好みの固さで引き上げます。
3分の法則というのはほとんどの枝豆に適応していますが、厳密にいうと豆の品種や土壌によってすべての豆のゆで時間は変わってきます。
あとはゆでた直後の豆が持っている余熱も影響するので注意です。

《莢の両端を切るのが裏技らしいのですが?》
枝豆はゆでる前とゆでた後の栄養価がほぼ変わりません。硬い莢のおかげです。
栄養を逃したとしても莢を切ったほうが塩が浸透しておいしいという人もいるのでそれは好みの問題です。ここでは採用しません。

《枝豆は冷やしたほうがうまい!》
ゆでたての枝豆はすぐに食べないと味が落ちていきます。新潟や山形など枝豆をたくさんたべるひとたちは冷蔵庫で30~60分寝かせます。これもまた最高です!
ただし冷蔵庫に入れる前に塩を振りかけるんだと枝豆農家さんは教えてくれました。


→枝豆の奥行きを知ればもっとおいしくなる!
『いつだって枝豆!』児島啓介[枝豆王子]著 青春出版社より
枝豆マニアになれる話が満載


読売新聞_1 東スポ_1

はなまる 057 _1__0001_1 めざましテレビ 017_0001_1 タモリ倶楽部2 007_0006_1




『枝豆を冷ますざます』 オリジナル食育グッズの紹介です!

とくにお子さんがいる家庭では、子どもが「手伝いたい!」と言い出すような楽しいウチワを考えてみました。
扇ぐと同時に塩を振り掛ける仕掛けです。
作ってみてください。
20070903221248.jpg

①80mmほどの紙を折り紙の要領でコップを作る
②一度開いて塩の出口である穴をパンチであける
③コップを折り直したら塩を1/2さじ入れる
④上ぶたを閉じるようにして、両面テープでウチワにつけたらできあがり
20070903221147.jpg
小石川ユキさんにイラストデザインをお願いしました。



児島啓介・公式サイト ここで歌の試聴できるよ♪

logo01のコピー
いただきますワンダーランドの入口!!

表紙248MB_1
児島啓介・著『いつだって枝豆!』はどんな本?

kodomomiraijyuku_logo3.jpg
小学生の学童保育こどもみらい塾(恵比寿)』生徒募集中!![児島啓介は臨時講師]

コピー ~ 43761
∞エダマメ(株式会社バンダイ)』大人気発売中!![児島啓介はプロモーションのお手伝い中]










2009.06
14
しょっちゅうおみマメ申し上げます!


平安祭典さんのイベントの中で約1時間の枝豆プログラムです。
人数は少なかったけど幼稚園児から小学生まで幅広い年代!?の子どもたちノリノリ。
IMG_7438_1.jpg

枝豆の花が少~しずつ変身してどんな形になるでしょう?
というお決まりのクイズ。
今日もぶっ飛んだ回答を聞けた。
手を挙げた男の子にマイクを渡すと
「ガガガガガ」
と言うではないか~。
どういうこと?
「変身の音」

そっか~。
枝豆は仮面ライダーじゃないぞ!
IMG_7441_1.jpg

でも枝豆も仮面ライダーと同じように変身を繰り返して最後は1粒のタネになるのかもね。
その1粒が、やがてたくさんの元気に変わる。

IMG_7455_1.jpg

あと近所(練馬)で借りてる畑の“枝豆くん”を写真で紹介したんだ。
図々しく子どもたちに歌で応援してもらった(ありがと~~)。

まだこんな。
IMG_7369_1.jpg

ついでに枝豆の葉っぱも見て見て~。
IMG_7382_1.jpg

IMG_7379_1.jpg

IMG_7388_1.jpg

IMG_7384_1.jpg


枝豆だけじゃない。
きゅうりも育ててる。
IMG_7376_1.jpg

こっちはなんとカボチャの子
IMG_7394_1.jpg


枝豆ぷろぐらむのあと、子どもたちは仮面ライダーディケードショーを楽しんだ。
正義の味方ディケードは正直そんなに強くない。
瀕死のディケードが子どもたちの「がんばれー!」という声によって、ありえないほど強く蘇えるのだ。

うちの畑の枝豆もきっと応援されてすごいことになってるはず。

児島啓介・公式サイト ここで歌の試聴できるよ♪

logo01のコピー
いただきますワンダーランドの入口!!




2009.06
14
Category : 未分類
しょっちゅうおみマメ申し上げます!

練馬区Walker[保存版] 6月11日発売
練馬区ウォーカー表紙_1

That’s 練馬・愛の1人として取材してくれてありがとです。光栄です。
練馬区ウォーカー_1


練馬は野菜天国だよ。
親子で直販所に買い物いくだけでも食育になるはず。


練馬区とその近郊の書店では1年間販売されてる本。
Amazonでもゲットできる!

児島啓介・公式サイト ここで歌の試聴できるよ♪

logo01のコピー
いただきますワンダーランドの入口!!


2009.06
12
しょっちゅうおみマメ申し上げます!


子どもたちが“そら豆”をむくということで枝豆王子が呼ばれて、今日はご挨拶程度の予定だったのに結局は40分ほどの豆授業になりました~(笑

そら豆を前にして枝豆の話をしたから、みんな頭の中が“そら枝豆”になってしまったようだ。
でもどちらも土の上で育てられた“いのち”には変わらない。

枝豆ブックの中で、土の部分をめくると土の中が覗けるという仕掛けがあるんだけど、「やばっ」早々にめくれてしまった!
さあ大変。
「見-えーたっ 見-えーたっ」の大コール。
子どもたちはこういうところ拾うんだよな~。やられた。ふふふ。

”枝豆の花“に興味があるようだった。
「つぼみが花になって、またつぼみになって…」と手でしぐさしてくれた子がいた。
花が変身してマメの“さや”になったのを“つぼみ”と表現したのかもしれない。
さやは“つぼみ”ではないけれど、その想像がうれしい。

枝豆の授業は小学生を中心に考えていますが、幼稚園や保育園もまたぜんぜん違って楽しい!
呼んでいただけるならばすっ飛んで行きますよー。

『幸せなら手をたたこう』は替え歌にしやすくていいね!
「幸せなら歯をみがこう♪キュッキュッ」
「幸せならよくかんで食べましょう♪モグモグ」
など勝手に食育バージョンにしちゃってて…。
作詞の木村利人さま、許していただけるでしょうか。
※スペイン民謡に詩をつけたのだそうだ。

児島啓介・公式サイト ここで歌の試聴できるよ♪

logo01のコピー
いただきますワンダーランドの入口!!








2009.06
12
しょっちゅうおみマメ申し上げます!


6月7日千葉県野田市清水公園
枝豆の山。
IMG_7238_1.jpg
この山はなんだか神がかっているように見えて誰も手を伸ばせない。

1200名分の枝豆を高校生たちが暑い現場でゆで続けてくれた。
最後はぐったりしてたけど…走る蒸気機関車に燃料の石炭を入れる作業員のようにがんばってくれたね。
IMG_7269_1.jpg
おかげで『えだまめ旬宴会』は『ゆてたて美味しいステーション』まで運行できた!?
みんなありがとう。

枝豆を全部ゆでたてで振舞うのは限界もあると思う。大変なことです。
でもホントおいしかったね~。

野田産の枝豆はこれから関東や東北に出荷される(もうされてる)。
野菜売り場で探してみてみて!
そして、もし枝豆が常温にさらされていたら店員さんに
「枝豆は要冷蔵です!呼吸量が増えて鮮度が落ちます」
と教えてあげて。
枝豆研究会(サミット)でも議題になった問題で、意外と知られていないことなんだ。

あとね、野田の名産まめなのだ』。
“豆な野田”ってことで、この枝豆リキュールもオススメだよ!
IMG_7347_1.jpg
販売元:ハートランドへ http://heartland.ocnk.net/product/12


おいらのパフォーマンスはIMG_7280_1.jpg
3曲のうち1曲、友達で書楽家木村一之とコラボしたんだ。
歌と風の音を聴きながら、降りてくる言葉を墨と筆で表現してくれた。
IMG_7327_1.jpg
↑タスキをかけているのはエダマメ親善大使の王理恵さん。
毎年おいらのライブもがんがん盛り上げてくれる。
ホントうれしかった~~。

↓野田市長に『よくかんで食べましょう』のDVDを渡しているところ。
IMG_7242_1.jpg
もっともっと野田市の子どもたちに会いに行きたい!
よろしくお願いしまッす!

児島啓介・公式サイト ここで歌の試聴できるよ♪

logo01のコピー
いただきますワンダーランドの入口!!



2009.06
11
しょっちゅうおみマメ申し上げます!

ぼくの友達の渡邊さん一家が作った枝豆。枝豆の名前は“弥彦むすめ”です。
「…何むすめ??」
やひこむすめ だよー
写真で弥彦村の風景や畑、渡邊さんファミリーを紹介したあと『こどもみらい塾』の子どもたち20人くらいで枝豆を囲んだ。
CA3A0014_1.jpg
いただきます! おいしーっ  みんなが農家の渡邊さんへ手紙を書いてくれた。
DSCF0646_1_1.jpg

“わたなべさんへ やひこむすめのえだまめと、ふつうのえだまめはあじがぜんぜんちがくて、あまくておいしかったです また食べたいです”

“わたなべさんへ ふつうのえだまめよりも、すっごくおいしかったです またやひこむすめのえだまめをください”


“ください”って…(笑
でもみんな高級品の味をわかってるねー。

そのあとは友達の家でも弥彦むすめパーティー。

みんなに配っているこの枝豆は、前日に新潟の弥彦村の渡邊さんファミリーに会いに行ってきて収穫させてもらった”採れたて”なんだ。
収穫が最盛期なところを朝早くから押しかけてしまった。
とっても温かい歓迎うれしかった。
ここからは前日に戻って新潟県弥彦村リポート!

朝ごはんまで用意してくれてた(涙
IMG_7027_1_1.jpg
これは新潟式!? 早朝6:30から山盛り枝豆
夜行バスでは眠れなかったけど、目が覚めた~!

畑へ
IMG_7036_1_1.jpg

トンネルに潜って1本1本、根っこをブチブチいわせながら抜いていくんだけど、20本採ったらもう握力低下っす。
まだブチブチッて感触が手に残ってるな~。
IMG_7061_1.jpg

ぼくが定植させてもらった地点にタグをつけてくれていた優しい渡邊さん夫妻(また涙
IMG_7068_1.jpg

3月、時折雪が吹き付けた種まきと定植体験は↓
http://everymame.blog35.fc2.com/blog-entry-139.html

枝豆を持って渡邊さんは川に洗濯に
桃太郎みたいな話
IMG_7087_1.jpg

枝豆の束をパイナップルみたいに造る
おばあさんがわかりやすく教えてくれる。
「ここんとこは突っ込んじゃって、飛び出したマメはひねり技…」
IMG_7108_1.jpg
「器用だね~」ってほめてくれるおばあさん。楽しかった~~。
IMG_7130_1.jpg

「夏は果樹園にもいらっしゃいな」
果物の赤ちゃんを紹介してくれた
さて問題です(答えは最後にあるよ)

1.これは何の赤ちゃんでしょう? (この形)
IMG_7139_1.jpg

2.じゃこれは??
IMG_7157_1.jpg

果樹園ドライブ!通称かぶとむしという乗り物(農薬散布の機械だけどね)
IMG_7145_1.jpg
果物にも癒されたーーー

あーー帰りたくないな。
IMG_7185_1.jpg
渡邊ファミリー最高だなあ。
IMG_7193_1.jpg

渡邊さんを紹介してくれた株式会社ミツワの阿部さん。
IMG_7132_1_1.jpg
うれしいご縁をありがとうございました!


さっきの問題の答え
1.洋ナシ
2.ぶどう
だよん。当たったかな?



児島啓介・公式サイト ここで歌の試聴できるよ♪

logo01のコピー
いただきますワンダーランドの入口!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。