RSS
Admin
Archives

ハロ-!エブリマメ 枝豆王子が行く

枝豆はおいしい!そして楽しい えだまめを家族団らんの象徴に

      
プロフィール

◆児島啓介[枝豆王子]◆

Author:◆児島啓介[枝豆王子]◆
作詞、作曲、歌、ギター、ほら貝

日本で唯一の枝豆研究家

歌う食育インストラクター

●食育の出前授業
『枝豆王子のいただきますワンダーランド劇場』
を主に小学校で行う(2007~2015現在)

●その他、お仕事承ります!!
食育イベントの盛り上げ係、
講演依頼、音楽ライブ、
枝豆の種まき、
レシピ実演など


O型 東京都出身 在住
青春出版社より『いつだって枝豆!(書籍)』を発売中


連絡先はメールフォームからお願いします
→ プロフィールの上にあります

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.10
17
 しょっちゅうおみマメ申し上げます!


北海道の枝豆といえば、
道央の中札内村の枝豆が有名だけど、
道南には『たまふくら』という枝豆があるらしい。

DSC02062_1.jpg

【今回のミッション】
1.たまふくらが畑に植わってるのをウォッチする
2.食べる
3.たまふくらを取り仕切るひとを探し出し、話を聞く

このミッションを遂行するには絶好の空(写真は恵庭市にて)。

DSC01623_1.jpg


幻の枝豆を誕生させたのは長沼市にある中央農業試験場。
ミッションの多くはここでクリアできるはずだった…。


『たまふくら』は、この試験場で平成18年に誕生した。
当時、育種を担当された方はもうここを去ってしまっていた。
ところが品種を試験するために育種を継続し、ずっとここで作られている!
食べるために作っているのではない。
タネをよりよいものにするために、研究するために作られ続けている。
したがって、ここではミッション2をクリアできない。

育種主任の藤田さんが教えてくれたこと。

P1380759_1.jpg

たまふくらの親は、『つる娘』という北海道の黄大豆と『丹波黒大豆』だった(なるほどー)。
もともとは黒豆を作るための育種だったが、選抜していく中でものすごく大きくて黄大豆(枝豆時代は緑色)のものが出てきたという。
全国的にも珍しい特長を持っている!ということで、8年間の育種期間を経てデビューが決まった。
用途は煮豆用が目的だったが、枝豆としても味がよいという評価が生産者から出てきた。
こういう経緯は丹波黒や秘伝豆と似てる。
枝豆として出荷し始めたのは平成20年から。

弱点の多い豆でもある。
生産者を苦しめるダイズシストセンチュウへの抵抗性が弱い(わりと致命的)。

さらなる品種改良によって解決できないのでしょうか?
「センチュウへの抵抗性を改善できても、現在の粒の大きさを維持できません。
 1年目からやりなおすのと変わりませんね。」

今後は病気などに弱い遺伝子を特定する方法で、品種改良の期間を短縮したい考えだ。
たまふくらはまだ見捨てられてない。

「病気に強いのか弱いのかを調べる装置(DNAマーカー)が、うちにもあるんです。」
遺伝子レベルで病気に強いタネが見つかれば、それをタネにして増やしていけばいいのだ。
じつは、この装置も、方法も警察の犯罪捜査と同じだという。すごい。

DSC01724_1.jpg

中央農業試験場では多くの作物を試験、研究している。
大豆担当の藤田さんは、毎日大豆の畑を確認しデータを取る。
その日課について「大豆の顔色を伺うんです」と話してくれた。
北海道の農業の基本や、小麦の話なども教えてくれた。


ところで『たまふくら』の生産を取り仕切ってる人は誰だろう?
「たまふくらプロジェクト、というのがありますが、今はあるかどうか…。」
急がねば!

『たまふくらプロジェクト』の拠点は函館市。
レンタカーで4時間かけて(株)だるま食品本舗さんのところへ向った。

ところが、プロジェクトは解散してた…。

DSC02059_1.jpg DSC02105_1.jpg

だるまさんの『たまふくら納豆』を購入。うまいですね~。
粒が巨大なので、大豆を食べてるという満足感に包まれる。
こんなに味が良いんだから『たまふくら枝豆』としても絶対おいしいはず!
再びモチベーションが上がる。


函館市から北斗市へ移動。
市役所の観光課で、直売所にたまふくら枝豆があるとの情報をもぎ取る!

直売所にあったーーー。

DSC02022_1.jpg

これはうまいぞい!

試食コーナーで食べることはできた。
ミッション2をクリア。

しかしミッション3、この道南地区でたまふくらを取り仕切る人物については不明のまま。


ふと農業普及センターという看板を見つけた。
途方に暮れている場合ではない。
アポなしですがすみません!
なんと、たまたまたまふくらに詳しい方と遭遇!
なんと、道南最大のたまふくら生産拠点は森町だということが判明。
翌朝8時に森町のJA前で待ちぶせし、やっと、やっと、たまふくら担当者に会えたーーー。
「NHKの方ですか?」と聞かれる。
いえ、違いますけど、、、NHKもたまふくらにたどり着いたということか!?
あせる。


たまふくら担当さんの1日の仕事に同行させてもらうことになった。ありがとうございます。

「まずは生産者さんのところへ行きます」

DSC02623_1.jpg

車は山の麓に向かってる…いったいどこへ。

DSC02723_1.jpg

まさに収穫時期のたまふくら、あったーーー。


山の麓の生産者さん曰く、
「もっと巨大にしようと思えばできるよ。でも売れないなら、やらない。」
そりゃそうだ。買うのはぼくだけかもしれない。
ある時期にトンネルをかけたら巨大になったという。

DSC02697_1.jpg

たまふくらならではの難しさの話も聞かせてくれた。
粒が大きすぎてタネまきにてこずる(機械の規格に合わない)、種皮が硬くて発芽率が悪い、樹が大きくて生育が遅い…など。
思ったより大変そう。

たまふくら集荷基地へ。

DSC02168_1.jpg

現在は8軒の農家さんが生産していて、ここに集まってくる。
今年は大阪、神奈川、名古屋や札幌の店舗に卸している。
ぼくらがたまふくら枝豆をお買い求めできる方法は非常に少ない。

DSC02428_1.jpg

1株をもぐだけで指がヒリヒリした。枝とサヤをつないでる部分が強すぎるんだね。

DSC02585_1.jpg

高台にある集荷所から見えるのは、青く広がる海。

P1380907_1.jpg


海の向こう(本州や外国)へ旅立ってゆけるのか!?たまふくら

DSC02791_2.jpg

ゆめ、ふくらめ!




北海道といえば、いつもお世話になっている(株)雪印種苗さんの研究農場。
忙しいのに会ってくださった。

DSC01883_1.jpg

味のいい品種というのはなんらかの欠点を抱えてるそうです。
欠点を補おうとして新しいものと交配したとしても、味はついてこない(別の味になってしまう)ことのほうが多い。
収穫しやすいものが優先されて、そのなかでも味の良いものが最終的に選抜される。
品種のバリエーション、引き出しを増やして様々なニーズに対応できる準備をしておくというお話。

枝豆のことを知れば知るほど、できないこともわかってくる(多収とおいしさの両立とか)。
でもそれもぜんぶ含めて枝豆なんだ。
枝豆をおいしく食べたい。
おいしい枝豆を守りたい。
フォーエバー。

DSC02102_1.jpg

時代はどう動いて行くんだろう?
そんなことも考えた貴重な時間でした。




                hyoushiのコピー

食育: 枝豆王子の『いただきますワンダーランド』は →コチラ



スポンサーサイト
2014.10
10
 しょっちゅうおみマメ申し上げます!


◆角田市ずんだまつり 宮城県角田市

DSC03909.jpg
DSC03961_.jpg
DSC03936.jpg


今年は芝生の上で『枝豆王子と遊ぼう!すごろく広場』。
最初に遊んでくれた子どもたちが、いつの間にかスタッフになってお手伝いしてくれた。
角田の子どもたちはやさしくて元気で最高!

DSC03781.jpg

すごろく遊びのなかに「食育」を盛り込んである。
途中で枝豆の生育についてクイズを出題したりするのだ。
参加者の年齢がみんな違うから出題のバリエーションがもっとほしかった!
ゴールすると角田の「ゆでた枝豆」がもらえる。
「ごちそうさマント」にご協力お願いしまーす。農家さんに笑顔を届けよう。
※祭のフィナーレに枝豆王子がこのマントを着て、農家さんや調理してくれた皆さまに感謝を伝える歌を歌う。

DSC04009.jpg

もちろん『ずんだまつりの歌』を会場の全員で盛り上げてもらった。

DSC03856.jpg

今年も角田のずんだ餅はおいしかった。
角田がこだわる秘伝豆(枝豆)について、もっと研究してみよっと。

DSC04019_.jpg
左手のいただきますツリー:micchiiさん作成

2014.10
10
 しょっちゅうおみマメ申し上げます!


最強毛豆決定戦 青森県弘前市

毎年、枝豆王子のステージ&毛豆の審査員として参加させてもらってます。
けまけま、けまーめを愛する皆さま!
2014年の「毛豆のステップ」は気に入ってくれましたかー!?

DSC03645.jpg

今年グランプリを受賞された一戸さんの毛豆は、甘みにインパクトがあったというわけではなくて、1粒の中でいろんな味の要素が立体的に得られたという印象でした。
こういう豆が受賞してぼく的にはうれしいです。

青森の毛豆は丹波の黒豆を思わせるような、立派で味わい深い豆です。
こんな豆を作ってらっしゃる出品者の方々に敬意を表したいです。

DSC03491_1.jpg

そういえば、真空調理器を使用して出品された農家さんがいましたね。
サヤの見かけはブヨブヨになってしまうけど豆の味はまろやかでじわ~ってくる。
これは試してみたい!インスピレーションをくれました。



昨年の最強毛豆決定戦のグランプリ受賞者・八木橋さんと豆談

DSC03444_1.jpg

毛豆(枝豆)は在来品種なので、やはりいいタネを所有し、タネの管理にこだわる方だけがおいしい毛豆を作ることができる。
畑のなかでタネにするサヤの選び方、さらにこだわりの「摘心の技術」などを惜しげもなく教えてもらいました。
八木橋さんの毛豆は旨味が強くて、大きくてごっつくて、誰が見ても独特なオーラを感じることができる。

DSC03587.jpg

雄大な岩木山の麓で気持ち良さそ~うに育っている。
もちろん自然は厳しいものだけど、もしぼくが枝豆だったらここの畑で暮らしたい。




2014.10
09
 しょっちゅうおみマメ申し上げます!



【石塚さん 山形県鶴岡市】
DSC03219_1.jpg
DSC03208_1.jpg

おいしいだだちゃ豆のタネは、発芽率が非常に悪い。
毎年「芽が出てくれてありがとう」から始まる。
できるだけ昔のやり方を変えないように。変えないように。
手間のかかる方、かかる方を選んでいる。
それでも経営していける強みが、だだちゃ豆にはある。
だだちゃ豆が今まで生き残ることができた秘密がある。
石塚さんのタネの生産現場を見せてもらった。
ホンモノって何?大切なものは何?って今の時代に投げかけているように思った。

DSC03168_1.jpg



【冨樫さん 山形県鶴岡市】
DSC03363.jpg

もう7年ほどお付き合いさせてもらってます。
毎年「新しい発見があってのぉ!」という話を聞かせてくれるから、どうしても会いたくなる。
冨樫さんは「農業はアドリブ」と3回くらい言った。
農業の学ぶべきことは作物から聞くんであって、樹の姿をよく見て必要なことは何かを常に考える。
お話を聞くだけでも、その観察眼は作物だけじゃなくて生き物、自然全体を見ているのがわかる。
見ているというか、感じてる。真似できない。



【及川先生 山形県鶴岡市】
DSC03368.jpg

なんと今年はNHKの「試してガッテン」でもだだちゃ豆の香味成分の解説で出演された。
山形大学と理研に籍をおいて研究室を行き来されている。
ぼくが枝豆の生育を観察して出てきた数々の疑問「そのとき枝豆のなかに何が起こってるのか!?」を、いつも及川先生が植物生理学の観点などから教えてくれます。ありがたいです。
農家さんの感覚的な気付きなどを拾い上げて、科学的に分析、証明してみせたり、応用して農業に貢献されたり…そういう話がおもしろすぎます。
ぼくも早く先生の実験のインスピレーションになるようなことを言ったりできるようになりたいなあ。



【高橋さん 山形県真室川町】
DSC03374.jpg

真室川町で一番ポピュラーな枝豆は、全国的には珍しい『黒五葉』。
その他の枝豆も青ばこ豆や秘伝豆など、枝豆/大豆の二刀流がほとんどで、枝豆専用品種ではない。
大豆として作るものを若い時期に必要な分だけ枝豆として採るという感じ。
追肥などのやり方もとくには枝豆収穫を意識していない。
大自然の環境の中で自然に任せた農法で育んでいる。
豆のオールスターが揃うのは12月~1月にかけて。
作っている大豆の種類が多くてワクワクしてしまう。
というか高橋さんが地域のことを本当に楽しそうに話すので、どうしても真室川町のファンになってしまう。
枝豆を通して伝承野菜への取り組みや古くからの行事やしきたり…いろんなことを知ることができて感謝です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。