RSS
Admin
Archives

ハロ-!エブリマメ 枝豆王子が行く

枝豆はおいしい!そして楽しい えだまめを家族団らんの象徴に

      
プロフィール

◆児島啓介[枝豆王子]◆

Author:◆児島啓介[枝豆王子]◆
作詞、作曲、歌、ギター、ほら貝

日本で唯一の枝豆研究家

歌う食育インストラクター

●食育の出前授業
『枝豆王子のいただきますワンダーランド劇場』
を主に小学校で行う(2007~2015現在)

●その他、お仕事承ります!!
食育イベントの盛り上げ係、
講演依頼、音楽ライブ、
枝豆の種まき、
レシピ実演など


O型 東京都出身 在住
青春出版社より『いつだって枝豆!(書籍)』を発売中


連絡先はメールフォームからお願いします
→ プロフィールの上にあります

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06
12
しょっちゅうおみマメ申し上げます!


子どもたちが“そら豆”をむくということで枝豆王子が呼ばれて、今日はご挨拶程度の予定だったのに結局は40分ほどの豆授業になりました~(笑

そら豆を前にして枝豆の話をしたから、みんな頭の中が“そら枝豆”になってしまったようだ。
でもどちらも土の上で育てられた“いのち”には変わらない。

枝豆ブックの中で、土の部分をめくると土の中が覗けるという仕掛けがあるんだけど、「やばっ」早々にめくれてしまった!
さあ大変。
「見-えーたっ 見-えーたっ」の大コール。
子どもたちはこういうところ拾うんだよな~。やられた。ふふふ。

”枝豆の花“に興味があるようだった。
「つぼみが花になって、またつぼみになって…」と手でしぐさしてくれた子がいた。
花が変身してマメの“さや”になったのを“つぼみ”と表現したのかもしれない。
さやは“つぼみ”ではないけれど、その想像がうれしい。

枝豆の授業は小学生を中心に考えていますが、幼稚園や保育園もまたぜんぜん違って楽しい!
呼んでいただけるならばすっ飛んで行きますよー。

『幸せなら手をたたこう』は替え歌にしやすくていいね!
「幸せなら歯をみがこう♪キュッキュッ」
「幸せならよくかんで食べましょう♪モグモグ」
など勝手に食育バージョンにしちゃってて…。
作詞の木村利人さま、許していただけるでしょうか。
※スペイン民謡に詩をつけたのだそうだ。

児島啓介・公式サイト ここで歌の試聴できるよ♪

logo01のコピー
いただきますワンダーランドの入口!!








スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。