RSS
Admin
Archives

ハロ-!エブリマメ 枝豆王子が行く

枝豆はおいしい!そして楽しい えだまめを家族団らんの象徴に

      
プロフィール

◆児島啓介[枝豆王子]◆

Author:◆児島啓介[枝豆王子]◆
作詞、作曲、歌、ギター、ほら貝

日本で唯一の枝豆研究家

歌う食育インストラクター

●食育の出前授業
『枝豆王子のいただきますワンダーランド劇場』
を主に小学校で行う(2007~2015現在)

●その他、お仕事承ります!!
食育イベントの盛り上げ係、
講演依頼、音楽ライブ、
枝豆の種まき、
レシピ実演など


O型 東京都出身 在住
青春出版社より『いつだって枝豆!(書籍)』を発売中


連絡先はメールフォームからお願いします
→ プロフィールの上にあります

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06
12
「隊長!報告いたします。

 枝豆の若い葉っぱを、納豆に乗せて食べました!」


「アホ!

 実がなるまで待てないのか!」




じつは食べたのは間引きした枝豆の苗の葉っぱで…。


タネというのはすべて発芽するとは限らないから1箇所につき1つずつ余分にまいておくのだ。

双葉が出たころに余分な苗を引っこ抜く(間引く)。

これを残酷と言ってたら農作業はできない。


間引きする苗の根っこも観察させてもらった↓ ごめんねありがとう!
IMG_2832.jpg



「隊長!

 間引かれる苗がかわいそうで、作業が遅れておりました。

 しかし!食べてあげればかわいそうではないと思い、決断できたのであります!」



「そんなレシピあるのか!?

 枝豆の葉っぱは食べれるのか。

 聞いたこともない。」



ジャン
P1000010.jpg

オリジナル枝豆の葉っぱレシピ

1 枝豆の葉(2枚)をお湯につけ10秒間ほどしゃぶしゃぶする

2 水を切って葉を刻み、納豆にかけてできあがり


【感想】

葉っぱに味はない(しそのような香りはないけど、草っぽい香りがある)

納豆(大豆)は枝豆の時代を経ているため、この若い苗は納豆の孫にあたる。


→茶碗の中にストーリーがうまれた?

→味は美味しい・・・とは、ごめん。言えない。。。。



「世の中に無駄なものなんて1つもない!」…のか?と思えた瞬間。




いただきますワンダーランドとは? → こちら
logo01のコピー



表紙248MB_1
『いつだって枝豆!』(青春出版社 著:児島啓介)
CDブックというカタチで書店や通販のamazonなどで販売しています




よくかんで30のコピー_1





スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

枝豆

学校のクラスの教室で、枝豆栽培してるよ!
いま、3つ芽がでて、葉がだいぶしっかり咲いてきました。

このままがんばって、子どもたちと収穫したいな~。

No title

>かずへ
第一関門突破したね
枝豆の分まで先生の仕事増えるね
夏が楽しみだーー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。