RSS
Admin
Archives

ハロ-!エブリマメ 枝豆王子が行く

枝豆はおいしい!そして楽しい えだまめを家族団らんの象徴に

      
プロフィール

◆児島啓介[枝豆王子]◆

Author:◆児島啓介[枝豆王子]◆
作詞、作曲、歌、ギター、ほら貝

日本で唯一の枝豆研究家

歌う食育インストラクター

●食育の出前授業
『枝豆王子のいただきますワンダーランド劇場』
を主に小学校で行う(2007~2015現在)

●その他、お仕事承ります!!
食育イベントの盛り上げ係、
講演依頼、音楽ライブ、
枝豆の種まき、
レシピ実演など


O型 東京都出身 在住
青春出版社より『いつだって枝豆!(書籍)』を発売中


連絡先はメールフォームからお願いします
→ プロフィールの上にあります

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.11
11
東北~新潟えだまめツアー2012
第2話 毛豆研究会 発進! (青森県弘前市/板柳町)

10月3日

津軽地方でとくに親しまれている枝豆の品種『毛豆』です。よろしくう。

P1120221.jpg

板柳町のしょうご君はリンゴや米がメインの農家さん。
昨年から本格的に毛豆にのめり込んだ。

「葉っぱに虫がいて、見てるとマンガみたいにカリカリカリカリーっと食べてってしまって。
 それくらい早いんすよ。おいしいのかな?」
観察したことをすごく楽しそうに教えてくれる。
それがきっかけとなってみんなで毛豆の色や形についての議論がはじまる。
そんな時間がたまんなくいい。

P1120164.jpg

岩木山のふもとにある毛豆の畑へ。
近くでオラウータンのような鳴き声がしてるのが気になる(大きな鳥なのかも?)
光にかざせば毛が金色にピカピカ輝く毛豆。
カメラを構えて、太陽が顔を出すまで30分ほど待った。
今日は光ってくれない。
もちろん味は輝いてるよ(笑

夜は弘前市内で『毛豆研究会』開催。
弘前大学の農学博士の先生による毛豆の研究発表とか。
町のいろんな業種の人が参加してる(JA、食品加工会社、デザイナー、ぐるなび、県会議員の方…)。

メインは農家さんが持ち寄った毛豆を食べ比べておいしさを競うコンテスト。
しょうご君は今年えらい豆を作ってしまった!なんと優勝だった。

P1120228.jpg
P1120243.jpg

毛豆は大きさも甘みを兼ね備えて”トップクラスの枝豆”で間違いない。
それに”毛豆らしさ”がある。
東京のデパートでは1株800円?くらいの高値だったのを見たことがある。
でも地元の道の駅では”ただ同然”で売られていた。
毛豆研究会では毛豆に誇りを持ってもらい、生産者や地域のモチベーションを高めていくためのデザインを発信し始めたところだ。

「それではライブのコーナーです。枝豆王子おねがいします!」
そうだ、会の盛り上げ係としてがんばらねば。
そのためにステージ付きの会場を用意してくれたのだから。

しょうご君と
P1120267.jpg
Still032.jpg


うれしいことに、毛豆の歴史が紐解かれ始めている。
毛豆は青森から誕生したのか、県外から持ちこまれたものなのか?
大学の先生によると、いまひとくくりに『毛豆』と称されているものでも、タネは県外のタネ屋から買っているものや地元在来と思われるもの…いろいろあるとのこと。
それらを集めて分析した結果、遺伝子に若干の変異はみられるものの、おおむね同じような形質をもっていて同じ系統であると推測できるという。
これから食味の成分を分析して、さらに毛豆のルーツに迫る。
毛豆の物語の始まり、本気でワクワクする。



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。