RSS
Admin
Archives

ハロ-!エブリマメ 枝豆王子が行く

枝豆はおいしい!そして楽しい えだまめを家族団らんの象徴に

      
プロフィール

◆児島啓介[枝豆王子]◆

Author:◆児島啓介[枝豆王子]◆
作詞、作曲、歌、ギター、ほら貝

日本で唯一の枝豆研究家

歌う食育インストラクター

●食育の出前授業
『枝豆王子のいただきますワンダーランド劇場』
を主に小学校で行う(2007~2015現在)

●その他、お仕事承ります!!
食育イベントの盛り上げ係、
講演依頼、音楽ライブ、
枝豆の種まき、
レシピ実演など


O型 東京都出身 在住
青春出版社より『いつだって枝豆!(書籍)』を発売中


連絡先はメールフォームからお願いします
→ プロフィールの上にあります

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06
19
Category : 未分類
IMG_0271_1_1.jpg

えだまめの森
空まで伸びてるね
ジャックと豆の木
近所のエブリマメ農園(仮題)にて


さて、週末15日は千葉県野田市の清水公園、「えだまめ旬宴会」でした。
おいらは枝豆王子に認定された。まあそれは置いといて。
あ~。「ハロー!エブリマメ」も野外でこんなふうに枝豆祭りをやりたい。
勉強中です。

枝豆ワンダーランドはこうでなくちゃ!
用意された枝豆日和な青空と森林の中。
チケットはすぐに売り切れたそうです、300枚。
NHKのカメラが来ていて夜7時のニュース用に映像を持ち帰っていったよ。

この日は15分間の音楽ミニライブ担当と、地元のお母さんたちがふるまう呉汁の準備を手伝いました。
呉汁という枝豆の郷土料理についてはまた今度くわしく紹介したい♪

今回登場した枝豆の品種名はちょっとドッキリ→摘みたての「湯あがり娘」。
誰がタイトルを付けてるんだろう。調査事項を追加!

IMG_0231_1_1.jpg
↑エブリマメではすっかりおなじみ、根本夫婦と一緒に
(先日は「おはよう日本」に出演したって!)

野田市は2006年度の枝豆出荷量が全国2位だった。
枝豆食べ放題、ビール飲み放題、バーベキューが付いて3000円のこのイベントは野田の商工会議所が主催の地域イベントで、市外県外からもマニアが訪れたりする。
でも若者がまだまだ少なくてバランスはよくないと思います(30代はあきらかに若者って感じ)。
来年はもっとみんなを連れて行きたいな。
自分が育った街ではないけど、ふるさとのお祭りに参加したような気持ち。
野田の地域活性にも貢献したいし、できたらいいな。

ぼくらと地域の人たちで、どれだけおもしろいことができるか!
ためしてみたくない??


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

やるよー!

もうすっかり枝豆界のコジマさんなんですね。
来年は絶対に参加したいです。スタッフとか募集するんですか?

清香さんありがとう
スタッフに名乗り!?すごい
「えだまめを喜ばせる係」やりましょう!

すごい!!

上の写真、すごいですね~!!
ジャングルみたい。
とってもとっても想像力を掻き立てられます。
いろんな物語がありそうだな。
「やりたい」っていう、たった一つの想いから
ここまでにしてしまったコジマンは、ほんとにすごいです。

わたしも!

えだまめを喜ばせる係やりたいいい

書き込みありがとう♪

>みっち~さん
Welcome to the jungle!!
足を踏み込んでしたっだようですね。
枝豆ワンダーランドに。

>すーちゃんさん
えだまめを喜ばせると100倍で思いやりが返ってくるよ!

わかるかなぁ~?

何年か前にてんつくマン(その時は軌保博光だったかな)と群馬県庁でイベントしましたよね?その時にお手伝いしたのです、私。
牛タン食べに行きました・・・たしか。
カンボジアジャパンツアーのHP見て
ノゾイテみました!

湯上り娘はカネコ種苗の種ですよね?
私の友達が枝豆作っています。
品種改良したのもそうかもしれません。
なぜその名前を付けたのか聞いて
おきましょうか?
夏になると美味しいのを頂いてます!
今年も楽しみなんですよ~

枝豆で繋がって、再び再会できるとは
嬉しいです!

>ke-iさん
5,6年ぶりですね~かなり嬉しい!
牛タン屋なつかしい。覚えてますとも。
「湯あがり娘」はわりと全国で栽培されてるようです。
誰がどんなふうにタイトルつけてるのか、ぜひ知りたい!
また書き込んでね~どうもありがとう!

こんにちは。はじめまして豆派と申します。

「湯あがり娘」。
店先でこのネーミングに惹かれ、
つい購入し
そして、つい植えてしまったものです。
コジマさんのブログで「湯あがり娘」の記事を拝見したものですから、うれしくてコメントさせていただきます。

ここ毎年自宅の庭に枝豆を植えて、収穫した際には仲間を呼んで、ビールのつまみに楽しんでおりますが、
今年はこの「湯あがり娘」の成長記録を記していこうと思っております。

湯あがり娘

「湯あがり娘」の名前の由来
暑い夏に風呂上りの冷たい飲み物
そのともに美味しい枝豆を。
そんなイメージから「湯あがり」のフレーズを
大事に育ててほしい、丈夫に育って愛されて
ほしい、そんなメーカーの親心を込めて「娘」
を付し、より親しめるネーミングにしました。
エピソード
6年前の販売開始当初、世間での評判を
探るべく「湯あがり娘」でググったところ
札幌すすきののお色気パブが上位を占めて
いたが、今や陰を潜め(閉店?)我が娘の
話題でモチキリではないですか!

とのメッセージが届きました。
毎日畑に居るみたいで小麦色を越して
こげ茶色の肌してます。
今年も美味しい枝豆クンを楽しみにしちゃって
ます!私はもぱっら食べる人です(笑)

>ke-iさん
「娘」っていうのは「親心」を表しているのですか…興味津々。「娘」系の品種は多いけどあまり深く意味に迫ったことはなかったから、嬉しい情報でした!
「湯あがり」にもすばらしい由来があるじゃないですか!
でもね~「湯あがり娘」ってつなげるとどうしても違う解釈に…。
なにしろ情報提供に感謝します♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。