RSS
Admin
Archives

ハロ-!エブリマメ 枝豆王子が行く

枝豆はおいしい!そして楽しい えだまめを家族団らんの象徴に

      
プロフィール

◆児島啓介[枝豆王子]◆

Author:◆児島啓介[枝豆王子]◆
作詞、作曲、歌、ギター、ほら貝

日本で唯一の枝豆研究家

歌う食育インストラクター

●食育の出前授業
『枝豆王子のいただきますワンダーランド劇場』
を主に小学校で行う(2007~2015現在)

●その他、お仕事承ります!!
食育イベントの盛り上げ係、
講演依頼、音楽ライブ、
枝豆の種まき、
レシピ実演など


O型 東京都出身 在住
青春出版社より『いつだって枝豆!(書籍)』を発売中


連絡先はメールフォームからお願いします
→ プロフィールの上にあります

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09
24
ハロー!エブリマメ の目次[site map]を作りました →こちら

キラキラ光る日本海の海岸線をぐねぐねドライブ。
新潟市から車で2時間ほど北上して山形県鶴岡市に入ります。
え-、拠点は湯の浜温泉の「龍の湯」で決定でやんす。

枝豆状況:鶴岡市
●市町村別で見ると枝豆の生産高全国1位[18年度]
ちなみに2位は千葉県野田市、3位新潟市…
●2001年、ビール会社のテレビCMにて「だだちゃ豆」が紹介され全国大ブレーク
しかし「だだちゃ豆」はじつは鶴岡では100年以上の歴史を持つ枝豆なのであります
20070924011610.jpg

本日はだだちゃ豆の歴史、そして未来に迫りたいと思います!
山形大学農学部。19時。
学生たちが帰っていく門に江頭宏昌教授が迎えにきてくれました。
真っ暗な研究室に電気が点くと、そこは何か奇跡が起こるのを待っているような、化学の実験室でした。
古い書物のにおいもします。

枝豆の研究をされている方ってなかなかいないですよね?
「ええ、特にだだちゃ豆は鶴岡の地域の歴史や文化を形づくってきました。
【文化財】ともいえる地方野菜だと思うんです。」

解明されていなかっただだちゃ豆の由来を紐解くと同時に、この豆に含まれる驚くべき食味成分を驚くべき最先端技術(近赤外分光計)で研究されている。
枝豆のおいしさを科学的に検証して、将来は農家さんの技術にプラスされていくことになるのでしょう。
勝手ながら「だだちゃ博士」と命名します!

山形県内は昔から受け継がれてきた在来作物の宝庫で、その中でも今は「カブ」の研究もされているそうです。
「株(¥)ですか!?」「いえ、カブです」
20070924011620.jpg
(なぜかずっと立ち話)

枝豆の種は市販でも購入できるけど、だだちゃの種は門外不出なんですよね?
「種は場合によっては先祖代々引き継いできた家宝☆にも相当するものです。
こういった在来種は将来にわたって保存したいものですが…」
急速に減少しつつあるそうです。
より生産性の高い品種改良された種への切り替えが進んでいるからです。

カブにしても山形県には20種類ほどの在来カブがあって、細々と数軒の農家さんのみによって守り続けられているものも少なくなく、たった1軒の農家さんだけでその存在が維持されてきたものさえあるそうです。
カブにも興味持ってしまいそう(笑

江頭教授! あ!長々と…夜の22時すぎまで盛り上がってしまいました。
ありがとうございました!月末には京都の枝豆サミットでもお目にかかれますね。

地元のレストランのシェフと一緒に在来野菜の農家さんを訪ねて歩いたという話も楽しかった。
とてもステキなカタチだなあって思うし、そこにおいらも加わることができるように勉強したいです。
「研究」って冒険そのもの、って気がする。

在来野菜とは何だ??
知りたい方へ、この本をオススメします →『どこかの畑の片すみで(山形大学出版会)』

明日はだだちゃ農家さんを取材してきます!
おそらく現在も豆の種を家宝と考えていらっしゃる農家さんです。
お楽しみに!!

児島啓介[枝豆王子]

●枝豆王子の『枝豆のおいしいゆで方』決定版

●「しおかげん ゆでかげん パーフェクト♪」の無料ダウンロードはいかがですか?
こちらからどうぞ!
●携帯の「着うたフル」でも無料ダウンロード可能!
どうぞ小ネタとして持ち歩いてください(今はDocomoとSoftbankのみのサービス)
http://mobile.mf247.jp/
→検索→児島啓介→しおかげん…。 です!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

枝豆王子には、学術分野にも研究熱心なのですね!☆
野菜作り、奥が深いです!

拍手!☆

久しぶりです

中国産枝豆から除草剤の「プロファム」が相次いで検出されたとして、厚生労働省は29日、
食品衛生法に基づく検査命令を出した。この農薬は国内では使用が禁じられており、
食品への残留が認められていない。

中国産枝豆は当面の間、プロファムの残留を調べる検査に合格しなければ輸入できなくなる。

同省によると、今年7月に那覇検疫所で行われたモニタリング検査で、国内の業者が中国から
輸入した冷凍枝豆(10トン)からプロファム0・04ppmが検出された。今月に入ってからも、
東京検疫所で輸入品の冷凍枝豆(11・5トン)から0・01ppmが検出された。
いずれも廃棄などの処分とされ、市場には流通していない。

枝豆ファンにとって悲しいニュースだけど
枝豆王子の枝豆のおいしい作り方と
知識は無限大である

コメントありがとう!!

>こばさん
地方の野菜の魅力をもっと伝えられたら日本はもっと元気になるのになあと感じたよ。だだちゃ豆からまた広がった!

>でんど郎さん
枝豆に関する暗いニュースは本当に悲しいです。農薬問題に関していずれトピックにしてみます。来年は「枝豆おいしい!」っていうニュースをネタを作るぞ!おー!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。