RSS
Admin
Archives

ハロ-!エブリマメ 枝豆王子が行く

枝豆はおいしい!そして楽しい えだまめを家族団らんの象徴に

      
プロフィール

◆児島啓介[枝豆王子]◆

Author:◆児島啓介[枝豆王子]◆
作詞、作曲、歌、ギター、ほら貝

日本で唯一の枝豆研究家

歌う食育インストラクター

●食育の出前授業
『枝豆王子のいただきますワンダーランド劇場』
を主に小学校で行う(2007~2015現在)

●その他、お仕事承ります!!
食育イベントの盛り上げ係、
講演依頼、音楽ライブ、
枝豆の種まき、
レシピ実演など


O型 東京都出身 在住
青春出版社より『いつだって枝豆!(書籍)』を発売中


連絡先はメールフォームからお願いします
→ プロフィールの上にあります

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.10
10
 しょっちゅうおみマメ申し上げます!


最強毛豆決定戦 青森県弘前市

毎年、枝豆王子のステージ&毛豆の審査員として参加させてもらってます。
けまけま、けまーめを愛する皆さま!
2014年の「毛豆のステップ」は気に入ってくれましたかー!?

DSC03645.jpg

今年グランプリを受賞された一戸さんの毛豆は、甘みにインパクトがあったというわけではなくて、1粒の中でいろんな味の要素が立体的に得られたという印象でした。
こういう豆が受賞してぼく的にはうれしいです。

青森の毛豆は丹波の黒豆を思わせるような、立派で味わい深い豆です。
こんな豆を作ってらっしゃる出品者の方々に敬意を表したいです。

DSC03491_1.jpg

そういえば、真空調理器を使用して出品された農家さんがいましたね。
サヤの見かけはブヨブヨになってしまうけど豆の味はまろやかでじわ~ってくる。
これは試してみたい!インスピレーションをくれました。



昨年の最強毛豆決定戦のグランプリ受賞者・八木橋さんと豆談

DSC03444_1.jpg

毛豆(枝豆)は在来品種なので、やはりいいタネを所有し、タネの管理にこだわる方だけがおいしい毛豆を作ることができる。
畑のなかでタネにするサヤの選び方、さらにこだわりの「摘心の技術」などを惜しげもなく教えてもらいました。
八木橋さんの毛豆は旨味が強くて、大きくてごっつくて、誰が見ても独特なオーラを感じることができる。

DSC03587.jpg

雄大な岩木山の麓で気持ち良さそ~うに育っている。
もちろん自然は厳しいものだけど、もしぼくが枝豆だったらここの畑で暮らしたい。




2014.10
09
 しょっちゅうおみマメ申し上げます!



【石塚さん 山形県鶴岡市】
DSC03219_1.jpg
DSC03208_1.jpg

おいしいだだちゃ豆のタネは、発芽率が非常に悪い。
毎年「芽が出てくれてありがとう」から始まる。
できるだけ昔のやり方を変えないように。変えないように。
手間のかかる方、かかる方を選んでいる。
それでも経営していける強みが、だだちゃ豆にはある。
だだちゃ豆が今まで生き残ることができた秘密がある。
石塚さんのタネの生産現場を見せてもらった。
ホンモノって何?大切なものは何?って今の時代に投げかけているように思った。

DSC03168_1.jpg



【冨樫さん 山形県鶴岡市】
DSC03363.jpg

もう7年ほどお付き合いさせてもらってます。
毎年「新しい発見があってのぉ!」という話を聞かせてくれるから、どうしても会いたくなる。
冨樫さんは「農業はアドリブ」と3回くらい言った。
農業の学ぶべきことは作物から聞くんであって、樹の姿をよく見て必要なことは何かを常に考える。
お話を聞くだけでも、その観察眼は作物だけじゃなくて生き物、自然全体を見ているのがわかる。
見ているというか、感じてる。真似できない。



【及川先生 山形県鶴岡市】
DSC03368.jpg

なんと今年はNHKの「試してガッテン」でもだだちゃ豆の香味成分の解説で出演された。
山形大学と理研に籍をおいて研究室を行き来されている。
ぼくが枝豆の生育を観察して出てきた数々の疑問「そのとき枝豆のなかに何が起こってるのか!?」を、いつも及川先生が植物生理学の観点などから教えてくれます。ありがたいです。
農家さんの感覚的な気付きなどを拾い上げて、科学的に分析、証明してみせたり、応用して農業に貢献されたり…そういう話がおもしろすぎます。
ぼくも早く先生の実験のインスピレーションになるようなことを言ったりできるようになりたいなあ。



【高橋さん 山形県真室川町】
DSC03374.jpg

真室川町で一番ポピュラーな枝豆は、全国的には珍しい『黒五葉』。
その他の枝豆も青ばこ豆や秘伝豆など、枝豆/大豆の二刀流がほとんどで、枝豆専用品種ではない。
大豆として作るものを若い時期に必要な分だけ枝豆として採るという感じ。
追肥などのやり方もとくには枝豆収穫を意識していない。
大自然の環境の中で自然に任せた農法で育んでいる。
豆のオールスターが揃うのは12月~1月にかけて。
作っている大豆の種類が多くてワクワクしてしまう。
というか高橋さんが地域のことを本当に楽しそうに話すので、どうしても真室川町のファンになってしまう。
枝豆を通して伝承野菜への取り組みや古くからの行事やしきたり…いろんなことを知ることができて感謝です。


2014.08
29
 しょっちゅうおみマメ申し上げます!


●新潟県長岡市

枝豆生産者の中村さんと。
DSC01195_1.jpg

いまや新潟全体に生産が広がっている「肴豆」という枝豆。
その発祥の地で、肴豆を通して地域を育てようと、使命に燃える方たち。
さらに肴豆を発展させた「一寸法師」という品種を誕生させた農家の中村さんの熱い話が聞けた。

後日、購入した一寸法師くん↓ 小さくてあまい
DSC01243_1.jpg

なにか協力して日本で枝豆全体を盛り上げていけたら最高です。
長岡の人は昔から『発明する』『工夫する』のが得意だということがわかった。
枝豆+○○という新しい結びつきや考え方が、ここから誕生しそうな予感がしてしまう。

DSC01112_2.jpg
マメリンと長岡市青年会議所の皆さま!



●新潟県西区

音楽×枝豆イベントの日。
会場は海のビーチ。『ネフ』というお店です。

P1380635.jpg

枝豆農家の保苅さんがパーカッションを叩き始めた。

DSC00555.jpg

この愉快で息がピッタリなバンドメンバーはいったい…!?
「うちの保苅農園に勤務する皆さんです。」

夏の過酷な作業場で、枝豆出荷をみんなで乗り越えた…一緒に越えたメンバーという。
枝豆がきっかけで生まれたバンド。楽しい!
イベント準備の会議は”枝豆の選別台”をテーブルにして行われたそうな~(笑。

保苅さんは、さらに大きな『枝豆 × 音楽イベント』という構想のドアを叩き始めた。

枝豆王子の歌をバンドで演奏なんて、もしかして初めてかも!?

P1380694.jpg

今日みなさんがここで盛り上がることであるミネラル成分が作られます
その名前は「ホカリウム」っていうんだけど、
「ホカリウム」は今後のほかりさんの枝豆作りに影響を与える栄養素になります
ぜひ一緒に盛り上がりましょう♪




●エダマメ研究会2014 新潟大会

・枝豆の弱点とは何か?
収穫したその瞬間から鮮度の劣化が始まり、他の野菜と比べても劣化の速度が速いことだ。

DSC00648.jpg

・枝豆の問題点は何か?
枝豆を産地から直送するときに実際には冷蔵ではなくて、常温になっているという現実がある。
今まで噂で言われていたことだけど、調査した結果、太田市場に上がっていくまでに温度が上がっていたという。
低温管理が必ずしも徹底されていない。
鮮度保持の見直し、現状の把握、最適な温度の再確認しよう。

DSC00642.jpg

・枝豆鮮度保持袋の挑戦
買ってきたらそのままレンジでチン♪
技術が進歩し、レンジでムラなく調理できるようになった
ただし、超難問が立ちふさがっていてただいま研究中
鮮度保持袋の住友ベークライトのpプラスさんが枝豆調理の新時代を築くか!?

・食材加工メーカーからレクチャーをいただく
枝豆ペースト、枝豆パウダーを製造する会社の方たちが現状などを話してくれた。
パウダーは生菓子に振りかけたりできて魅力的だけど、問題は枝豆の量がかなり必要になるということ。
国産の枝豆を使用したパウダーは現実的ではない。

・新潟の機械式農業の現在
大規模生産で有名な北海道の中札内ほど大きくはないが、1500万円のコンバインが枝豆畑で稼働中。
大型農業化が進んでいるけど世界の農業と比べればもちろん大きさで太刀打ちできない。



【豆談:小野さん 新潟県村上市】
新潟における茶豆の研究・普及に貢献された尊敬する方です。
この日はとくに枝豆の体内時計をだますことができるかという研究『短日処理』の話はおもしろかった。
研究は必ずしも華々しいものばかりではない。大切な研究の積み重ねのおかげで、農家さんの要望をかなえ、枝豆の安定した供給も実現しているんだと実感できる。小野さんは今年のエダマメ研究会賞を受賞された。
DSC00999_1.jpg


【豆談:伊部さん 新潟県三条市】
個人販売がメインの農家さんです。
伊部さんとはこれまで語り尽くすほど枝豆の話をしてきたけど、やっぱり尽きない。
「土にこだわる」なんて当たり前で、「水にこだわっている」という話だけでも1時間くらい聞ける。
すべてはお客さんとの「信頼」ため。
この先、枝豆は『誰から買うか』という時代がやってくるのかもしれない。
そういう時代を切り開くとしたら伊部さんのような魅力的な人です。
DSC00982_1.jpg


【豆談:白井さん 新潟県西区】
黒埼茶豆の生産の第一人者であり、黒埼茶豆の謎の歴史に挑戦するという、『物語を売る』農家さんでもある。
茶豆全体のルーツについても情報があると聞けば飛んでいって聞き込みをしたという。ぼくと似ている。
貴重なお話のなかで、日本列島でタネがどのように運ばれて、多様な品種が誕生していったのか、想像することができた。
タネが人の手に渡るときのくわしい状況、情景まではわからなかったけど、たとえば帰省したときのお土産だったとしても、そのお土産がタネだったというのがその時代を感じさせる。
DSC031578.jpg



枝豆がうまい地域は、お米も当然めちゃめちゃうまいすねー。写真は長岡。
DSC01057_1.jpg








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。